温泉を楽しむ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ginza.areablog.jp/fprblog0067y

共働き夫婦の保険見直し

女性の社会進出や学費の高騰に伴い、結婚後、妻も働いて、夫婦二人の収入で家計を支えていくというケースが増えております。


結婚したら夫婦は自分たちの家庭や生活を守る責任が生じますし、万が一のことが起こったら、残された家族の生活を守る責任は、夫・妻の両方にあります。



このため、生命保険を考えるときは、夫婦いっしょに考え、互いの保険の内容を知ることが大切です。



お互いが加入している保険内容を知らないままで放置していると、無駄な保障があっても気付かなかったり、配偶者が受取人なっているにも拘わらず、それを知らなかったため、給付金や保険金を受け取れないということも起こり得るからです。



予算立ては長期的展望をもって行いましょう。妻が出産や育児をすると、一定期間働けない期間が生じます。



こうしたことを考慮して、保険の予算立てをしましょう。特に、貯蓄性のある保険は、途中解約は損をしますので、長期的に支払いが継続できるようなバランスを取ることが大切です。



また、共働き夫婦の死亡保障は、夫だけでなく妻の保障も重要です。死亡保障は、残された家族の生活や学費など実際に必要となる金額の合計から、社会保険等でカバーされる公的保障分などを差し引くことで、正しい必要保障額を算出することができますので、これを夫・妻ともに算出する必要があります。



残された遺族の生活保障に関連する公的保障は「遺族年金」です。これは、加入中の公的年金の種類によって受け取る内容が異なりますので、それぞれの職業や社会保険の内容、収入額などに基づいて、必要保障額を計算することが重要です。



夫婦の医療保障は、年齢に応じた備えが必要です。夫の医療保障は、入院時にかかる費用をカバーするため、入院日額10,000円程度の医療保険をおすすめします。



また、30歳以上になったら、生活習慣病やがんなどの備えも追加していきましょう。
妻の場合は、妊娠や出産に備えて女性特有の疾患をカバーする医療保険に加入しておくと安心です。


全期型保険と更新型保険の違い


保険見直し
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ginza.areablog.jp/blog/1000075737/p11720310c.html
保険 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
温泉の楽しみ方について
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
今日 合計
ビュー 1 2964
コメント 0 1
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[明石・加古川・姫路] 【姫路市 整体・カイロ】…

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック
FX入門講座
FX入門講座 in 丸の内
取引所FXの《エース交易》主催
★携帯版銀座ブログ★