銀座の魅力

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ginza.areablog.jp/zprblonah0256p

災害に備えて事前に準備しておくこと

大震災や大規模水害が毎年のように発生している今日、減災ということばがよく使われるようになりました。


これは、地震など大きな災害が起きても被害を最小限にとどめることです。これは、国や地方自治体レベルだけでなく、市民レベルでも普段から減災のために準備する必要があります。その注意すべきポイントとしては、



■大型家具や家電製品をしっかり固定しておくことです。特に、地震のときに被害が大きく人に被害を与える可能性が大きいのが大型家具や家電製品の転倒です。



下敷きになって動けなくなるだけでなく、出入り口をふさいで外へ逃げることができなくなります。



このため、普段から、ワイヤーやストッパー、L字金具でしっかり固定するとともに、たとえ、倒れても出入り口をふさがない向きに置いておきましょう。



また、窓ガラスに飛散防止フィルムを張っておくのも良いでしょうし、揺れが収まって逃げるときに備え、寝室には懐中電灯とスリッパを準備しておくましょう。また、がれきで動けなくなったときのために、ホイッスルも用意しておいた方がいいでしょう。



■水と食料は最低1週間分必要です。地震は揺れが収まったからといって、それで終わりではありません。



阪神大震災や東日本大震災では、救援物資の到着まで1週間余りかかったように、救援物資の到着には時間がかかります。



このため、それまでは備蓄品で耐えなければなりません。飲み水と食料は最低1週間分必要です。1人当たり1日約1リットルの水が必要です。



他にも、食器洗いや洗濯に使う水も常備しておきましょう。断水に備えてふろの水を抜かないようにしておくと、トイレや携帯用浄水器を使って非常時の飲み水として使えます。



いずれにしても、災害が生き残るためには、普段からの準備が何よりも大切です。水や食料、常備薬などがどこにあるのかを家族全員が承知しておきましょう。



なんでもかんでも備蓄するわけにはいきませんので、家族の生存に必要なものを最優先に考えましょう。


高層ビルやタワーマンションでの地震対処法


災害
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ginza.areablog.jp/blog/1000086363/p11632312c.html
防災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
銀座の魅力について
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 1 1063
コメント 0 2
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック
FX入門講座
FX入門講座 in 丸の内
取引所FXの《エース交易》主催
★携帯版銀座ブログ★