着た霧の森刹那

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ginza.areablog.jp/cocodrs

養命的な意味

古代中国では日常の食を「上薬(最上の薬)」と呼び「中薬」は保健的なもの、
「下薬」とは病気になってから服(の)む薬とされる。
後漢の時代から三国時代にかけて編纂された「薬」に関して書かれた書物『神農本草経』には、
365種の薬をそれぞれ上品、中品、下品として分けて紹介している。
この分類では、普段からの「食」こそが養命的な日本讀化妝意味合いを持つ「上品」として表されている。
すなわち上薬。

また、すでに日本語にもなっている「レシピ」という言葉を語源から探って行くと、
上記の「上薬」と同じ流れを持っていることに気づく。
「レシピ」を英語表記をすると"recipe" と綴るが
元々はラテン語を語源とする投資日本樓 "recipio(レキピオ)" という言葉だった。
この意味は「薬」。
"recipio" の命令形が "recipe(レキペ)" すなわち"recipe"。
「これらの薬を調合せよ」という意味。
すなわち、医師が薬剤師に指示をする「処方箋」。
「薬」をコレコレのように調合せよという指示書。
これが現在使われている「献立」であるというところを考えれば、
日常の「食」こそが薬膳ということになる。
これこそ「上薬」。
洋の東西を問わず普段食べて通渠佬いるものこそ良き薬であるということらしい。

かつて懐石料理でその名を知られた『辻留』の辻 嘉一さんの言葉に
「苦い味を美味しく食べさせる料理人は最高」
ということを語っていた。
身体には良いがその味としては苦かったり、美味しく感じられないものを
いかに美味しく食べさせるかが料理人の腕だ、ということらしい。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ginza.areablog.jp/blog/1000259525/p11741138c.html
日记 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
中でもブラッド
思いを巡らせてい
面白い作品になる
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
cocodrs
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 9 517
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

[西宮] 阪急沿線文学散歩

最新のコメント

おすすめリンク


外苑東クリニック
東京 人間ドック
FX入門講座
FX入門講座 in 丸の内
取引所FXの《エース交易》主催
★携帯版銀座ブログ★